たくさんの方々に来ていただきありがとうございました。


第十回花展 ここに秋「生ける」二年に一度開催してきた花展はおかげさまで第十回を無事開催終了する事ができました。今回もたくさん方々が見に来てくださって、私もはな野の仲間達もとてもうれしく思っています。ありがとうございました。だのに、お礼がすっかり遅くなってしまって本当に申し訳ありません。

 

第十回展という事で初日に私のトークショー&ワークショップを開催させていただきました。幼少よりお花と共にあり、そのお花を通してたくさんの素晴らしいご縁をいただいてきた私です。そのお花達に感謝をこめてまずはお水揚げについて。

生花にとって水揚げは大切な作業です。でもそれは単にお花が枯れないように長持ちさせるという人間側からの勝手な都合ではありません。お花を切りその生命をいただく、愛おしいその子の存在、個性を大切に私達は自分の感じる季節を生けさせていただいています。きちっとお水揚げをして差し上げる事は、お花を生かす「生ける」上で、とても重要な意味がある事なのです。いくつかの例をあげながら、、、

この話しになると私はつい熱くなり止まりません(笑)

またワークショップでは実際に3人の方に生けていただき、はな野のお花を体験していただきました。

人気テレビ番組のごとく??楽しい時間はあっという間、皆様には熱心に聞いていただきとても感謝しています。

 

今回の展覧会で、初めて特別に私のお部屋をいただいて作品11点を発表させていただきました。

温かく見守ってくださった、はな野の仲間達にあらためて感謝の思いでいっぱいです。

素朴な一輪の花を通して伝えたいもの。それは、花から季節、季節の風、エネルギー、力です。

これからも私はこの子達、花からいっぱいのパワーをいただいて、私の「生ける」を続けていきたいと思っています。

 

恒例のミニコンサートは野中みさえさん親子の奏でるパラグライハープ。

今回も素晴らしい演奏ありがとうございました。

 

今年の冬はとても寒い日が多く、私もお花も凍えておりますが、そろそろやっと少しずつ春が来てくれそうですね。野のはな達がその準備をしている気配を感じながら、春よはやく来い!!!

 

作品をご覧いただけます。

▶HANANOページへ

▶GALLERYページへ